助産師の求人│看護師との比較で見た助産師の仕事の特徴とは?

助産師 求人 → 助産師の求人│助産師と看護師の仕事はどう違う?

助産師の求人│助産師と看護師の仕事はどう違う?

医療に関する仕事をするという点では、薬剤師求人高給パットンを見てもらえばお分かりの通り、助産師も看護師も同じです。しかし、助産師が妊婦に対するサポートを行う仕事であるということに対し、看護師は病気や怪我をした人のサポートを行う仕事だという違いがあります。
助産師転職サイトを選ぶなら

それから、資格に関する違いもあります。助産師も看護師も国家資格となるわけですが、助産師を目指すためには看護師資格を取得しておかなければなりません。つまり、助産師の資格を持っている人は看護師としても働くことができるわけです。

更にいえば、看護師の知識に加えて助産行為に関する知識を持っているのが助産師だと言えるでしょう。こういったこともあり、給料は助産師のほうが高いのが一般的です。

資格による違いは、できることの違いにも繋がります。例えば、助産行為を行うことができるのは医師と助産師のみです。そのため、助産師の資格を持っていない人は、例え看護師として何年働いていた人だったとしても助産行為を行うことはできないのです。

担当する業務の違いについても、よく理解しておきましょう。看護師は、勤務する病院内で様々な業務を行うことになります。配置換えがあるような大きな病院で働く場合、同じ病院での勤務だったとしても、様々な診療科を経験することがありますよね。

ですが、助産師として働く場合は他の診療科に移動になることはありません。もちろん、助産師は看護師資格も持っているわけなのでできないというわけではありませんが、助産師として採用されたのであれば、配置換えはないと言えるでしょう。

助産師は看護師資格を持っているといっても、看護師の仕事に加えて助産行為を行うというわけではないのです。できることが看護師より多いため、看護師より忙しい仕事だと思っている人もいるかもしれませんが、担当する仕事は決まっているので、看護師の倍は忙しいというわけではありません。

しかし、ただでさえ看護師の数が不足しているわけなので、助産師はそれ以上に不足しているという問題があります。そのため、どうしても激務になってしまうことがあるので、就職先は慎重に選びましょう。

助産師の独立開業について

助産師として経験を積み、力をつけたのであれば、独立開業をするという選択肢もあります。まず、理解しておきたいこととして、助産師は医師と違って医療行為はできません。しかし、助産に関わる医療行為は認められているのです。

独立して助産院や助産所を開業する場合には、正常分娩のみ行うことができます。もし、投薬や切開をしなければならない状況になってしまった場合、これらは医療行為とみなされてしまいます。

つまり、正常分娩が選択できず、帝王切開などの必要性が出てきた場合は、例え助産所や助産院を開業していたとしても医療機関へ搬送をして処置をしてもらわなければならないということです。

助産師が開業している助産院などの数は、それほど多くないと言われています。ただ、数がそれほど多くないものの助産院での出産を希望する女性は増えているため、今後その需要は更に伸びていくと言えるでしょう。

助産師が運営している助産院は、自宅に近い形で生活できるのが魅力です。病院での出産となると、どうしても病院の持つ独特な雰囲気の中で生活しなければなりません。

そのことに対してストレスを感じたり、リラックスすることができないという妊婦さんもたくさんいるのです。できるだけリラックスして、ストレスのないように出産を迎えたいという人から助産院での出産が選ばれています。

それと、病院ではなかなか相談できないようなことも、助産院では相談する機会がたくさん用意されています。妊婦さんは様々な不安を抱えていますが、助産院で親身になって話を聞いてもらうことができたからこそ安心して出産をすることができたという人がたくさんいるようです。

独立開業を果たすためには、連携してもらえる診療所や病院を探さなければなりません。正常分娩が行えなかった時にすみやかに搬送できる病院がなければ独立開業をすることができません。

独立開業をするうえでは様々な問題をクリアしなければなりませんが、自分らしい出産のお手伝いがしたい人は、独立についても考えてみましょう。

  助産師はどのようなタイプが向いているのか  助産師のアルバイト探し

  派遣助産師として働くには